QRコード

RADICAL オフィシャルサイトはこちら

店長日記


最新情報や、日頃の面白い出来事などを発信してゆきます。ためになる事もあるかもしれません。ちょっとのぞいてみてください!


店長日記はこちら >>


HOME»  店長日記

店長日記

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

クロモリアクスルシャフト V ROD リヤ完成


V ROD用 リヤアクスル 完成しました!今まで牛のような鈍臭い乗り味でしたが、このシャフト1本で見違えるような乗り味になりました。信じられないかもしれませんが、あの V RODが、ひらひらの乗り味です!ぜひお試しあれ。価格は42000円(税抜き)

2015-05-25 10:35:55

コメント(0)

ネオクラシックファクトリー始動!


このマシンの姿も見納めです。RADICALネオクラシックファクトリーがいよいよ始動します。この後どのような姿に変身するのか、乞うご期待!

2014-11-10 16:35:29

コメント(0)

特選中古車  TRIUMPH DAYTONA955i 2003年


TRIUMPH DAYTONA955i 2003年式、走行距離32000KM リヤウインカー以外ノーマル状態です。エンジンその他快調です、レギュレーターが不良のため交換が必要ですが、その他トラブルは無しです。3気筒独特のフィーリング、今のトライアンフには無い排気量のスポーツ車です。 一度乗ったらやめられなくなりますよ! 
35万円です!

2014-10-26 10:18:22

コメント(0)

TMRスピゴット製作

TMR36刀用をGSX-R1100に取り付けるためのスピゴットを製作です旋盤を使用して削り出し
無事完成

2014-06-10 18:53:27

コメント(0)

刀に油冷エンジン搭載

刀に油冷GSX-R1100エンジンの搭載です。
マウントKITは、A社の物を使用ですが、各部加工しないと付きませんでした。セットに入っているボルト類も微妙に長さが合わないので、当社にて合う物を用意して取り付けです。
マフラーは、ヨシムラチタンの取り付けですが。これもエキパイがフレームにあたり用加工です。30mmほどの延長が必要です。

無事取り付け完了です!

2014-06-07 09:26:04

コメント(0)

VFR750F RC24にRC30エンジン搭載

VFR750F RC24にRC30エンジンを搭載しました。マウント数が違うのでブラケット等を製作して搭載しました。不自然なく完了。ぱっと見にはわかりません
違う車種のエンジンの搭載も結構日常業務です

2014-06-03 18:39:39

コメント(0)

V-ROD リヤキャリヤ制作

本日の制作物は、愛車V-RODのリヤキャリヤ制作です。VRODのキャリヤは純正品があるのですが、デザイン優先でかっこいいんですけど、強度的に大した荷物は載せられそうにありません。かといって他にこれといった物も見当たらないので、オリジナル制作を決行です。キャリヤを取り付けるポイントも少ないので、見た目と強度を考慮してこんな形状で仕上がりました。
そんなに大荷物は積めませんが、2〜3泊ツーリングの荷物くらいなら十分です!オールステンレス製です。

2014-05-31 09:15:12

コメント(0)

モトガジェット モトスコーププロ

先日、RG500Γに、motogadget モトスコーププロ を取り付けました。このメーターの特徴は、とにかく薄く、軽く視認性がよいので、取り付け場所を選びません。配線接続も、併売の「ブレイクアウトBOX」を使用すれば、ある程度電気知識がある方でしたらさほど苦労なく取り付けが可能です。表示機能も多彩で、見ているだけでも楽しめます。やはりメーターは常に目に入るパーツですので、若干値は張りますがよい物を付けると気分も豊かな物になりますよ。安い腕時計や服を身につけるよりも、よい物を身につけた時に背筋が伸びる感じがするのと同じですな!

2014-05-30 08:50:56

コメント(0)

油冷カムチェーンテンショナー

油冷エンジンのカムチェーンテンショナーの紹介です
油冷エンジン、GSX-Rエンジンのカムチェーンテンショナは、構造上、強いバックトルク(強いエンブレ)などの力がかかると、テンショナーが戻ってしまう事があるんです。強いエンブレの後に、エンジンからジャラジャラといった音が聞こえたら、この症状が出ています。そのまま走行して、カムチェーンがカムスプロケットの山を飛び越えたらエンジンは一巻の終わりです!
そんな症状を回避するために、このボルトに交換してテンショナーが戻るのを防止してください。交換は純正のボルトをはずして、このボルトと交換するだけの簡単作業です。油冷オーナーの方は必需品です。

2014-05-29 16:25:02

コメント(0)

Z シートヒンジ再生!

今回は、Z のシートヒンジの再生です。後ろ側のヒンジは付いているのですが、フロント側が切り取られています。何の目的で切り取ったのでしょうか?切り取った後はペイントまでしてあります?

まずは、シート側に合うようにカラーを制作です。
次に、プレートを溶接して、フレームに取り付けます。

これで見事に再生完了!何事もなかったかのようにシートが付きました!





2014-05-28 14:49:40

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4